上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

みてきましたよー県庁の星。
結局、公開初日にいっちまったよ・・・w
めちゃくちゃ楽しみにしてたけんのー

主演は織田裕二と柴咲コウ。
もはや、説明不要の二人ですな。
・・・とか言いつつ説明しちゃうけどw

織田裕二はもう、「踊る」で一気に人気でちゃったよねー。
おいら、何回も何回も観てますw
そんな彼の出演作で一番最初に見たのはおそらく「お金がない!」
財前直美とか、東幹久と競演してたドラマだよね。
貧乏→金持ちになったときの態度の豹変が、未だによく覚えてますw
あと、「振り返れば奴がいる」で、
石黒賢とに睨み合うとき、顔と顔が数ミリしか離れてないんじゃ
ないのか?ってツッコミ入れてたのを覚えてるなw

柴咲コウは、最初見たのは「バトルロワイヤル」
あのときおいらは、たけし目当てで行ったんだけど(w)、
(例の、「ちょっと殺し合いをしてもらいます」って台詞を
聞きたくてね・・・w)
生徒役の中でかなり目立ってたよね。
まぁ、藤原竜也とか、安藤政信とか、山本太郎も凄かったんだけど、
ほら、既に知ってるやん?
柴咲コウは、バトロワのとき初めて知ってね・・・
あの、殺気ムンムンの相馬光子(役名)を、見事に演じきった。
カマ持って襲ってくるとことか、メチャクチャ怖かったものなw

・・・っと、前置きがながくなっちったw
てわけで、今回の「県庁の星」、見逃す要素がなかったんですよw
映画を観終わって、期待を裏切らなかったね。
織田裕二、また新しい顔してたよ。
たとえば、厨房のあんちゃんに暴力で迫られるときに、
かなりビビりながら「言いたいことがあるなら、文書でも
口頭でも遠慮なくおっしゃってください」って言うシーンは
妙にリアルなかんじがしたし、
雨の中婚約者の家に行ったとき、焦ってケータイをポケットから
取ろうとして落としちゃったりとか。
そういう、些細なところがすげーリアルだった。
きっと、「野村(役名)なら、こうするんだろーな」とか
真剣に思いながら演技するから、実現できるんだろうけど。
柴咲コウは、今まで見たことがない役というか・・・w
怖いとか、カッコいいとかじゃなく、スーパーの店員。
そう、ごく普通の役なんだよねw
「お客様第一」って考えて野村が正論で通そうとしてるところを
観て即座に「申し訳ありません!」って優先してるシーンとか
あるんだけど、客商売してると納得できるところがあってw
けど、どっか逃げてる部分もあって・・・
その葛藤が、表情に良く出てたなーってのは思いましたね。
普通な役って、難しいよねwww

ストーリーはもちろんいえないけど、
水戸黄門や大岡越前のように「これにて一件落着。」って
素直に言えないで終わるのも、役所っぽいなーって思いましたw
けど、野村は言ったよ。
「決して諦めない。」って。
つまりは、それが言いたかったんだと思ったよ。
 

<< 昔、似たようなのやったことあるなぁ・・・ | Home | えまえまーおめでとう!w >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。