上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジブリの最新作、「ゲド戦記」を観てきました。
おいらの周りの前評判は結構悪かったのですが・・・
誰だ~ おもろないいうたんはw
おもろかったぞー!

てことで、続きへどぞ。


さてさて、ゲド戦記。
もともとは、長編小説だったらしいのですが、
映画の舞台になっているのは「アレンとテルー」が中心でした。

アレンは過ちを犯した。
立派な国の指導者にして、父親の国王を事もあろうか
ナイフで刺して殺してしまう。
それは、彼の心の闇がそうさせた、と彼は言うが・・・
闇は、次第に大きくなり、一時は彼の光を飲み込み
体を支配するに至るが、テルーの「死が来ることが
分かっているからこそ、命を次のものに紡ぐため
大切にしなければならない」という言葉により復活。
闇とともに生きることを覚悟し、生きるようになった・・・

ってのが大筋のあらすじですが。

久々に冒険物のジブリ作品ですね。
けど、今までのどの作品とも違って、深く、闇の部分など、
考えさせることが多かった。
「もののけ姫」よりも深い部分を描いているのではないかと
思ったのが自分の感想です。

どこか、人斬りとして、たくさんの命を殺めた緋村剣心が
そのことで悩み、償いの道を探している姿とかぶるところがあった
かな・・・
そう思ったのは、アレンの表情。
前半、彼はなかなか笑顔を見せてくれません。
いつでも、すぐ旅立てるように深く入り込まないようにも
見えた。 闇に支配されているときは・・・凄い顔w

前評判が悪いのは、テーマが深く難しいからかなとも思いました。
近くで見ていた子供がボソッと言っているのが聞こえたんです。
「なにをいっているか分からない」と。
・・・そうかもしれないw
小学生にはちょっと難しいよねー・・・
この映画は、全年齢で観てもらえるように作ったんだろうか?

個人的には、好きな作品ですよ!
けど・・・クモって、大蛇丸に似すぎなんですがwwwwww


 

<< ホントに、徒然なるままにグダグダとなが~ったらしく・・・w | Home | APさまDK HIT おめ! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。