上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今回は、ラルクです。
アルバム「REAL」の4曲目に収録されてまする。

これは、2000年?に出たアルバムだったかな。
当時、大学1年になったばっかで、
身近にラルク好きの友達ができて
結構しゃべってたころ・・・

そんなときに、このアルバムが出たわけです。
シングルで出てる曲って、買う前から好きじゃないですか?
で、おいら的アルバムの楽しみ方が確立してて。
「シングル以外の曲を聞きまくる!」これですよw
んで、どの曲も好きなんですが、特に
「bravery」と「ROUTE666」がめちゃ気に入りました。
今回は、「bravery」のお話。

全体的には、まぁ優しい感じの曲かな?ラルクのなかではw
んで、この曲は! すっごく歌詞が好きなんだ。
「昔はよかったなんて言わないで。
 あのキラめく時のなかでなにをしってるっていうのさ」
どーーーーーーーーーーーーーーん!
ってきましたね~
そう、そうなんだよね。
自分の意思でやってるつもりなんだけど、
なるようにしかなっていないかもしれない、
そんな不安な気持ちにあることもあるとおもうんだ。

こっからは、おいらの勝手な解釈。
だったら! たとえなるようにしかならなくても、
それでもやった! と言えるように生きてみたいな~とw
ん~…なんか、うまく伝えられんな…^^;
なにができた? いあ、なにをしたんだ?
こうしたんだこらー! って繋がれればいいなぁと・・・
ん~…伝わったかどうか、自信がない^^;

つまりは!
後悔しっぱなしの人生なぞ、まっぴらごめんじゃ!てことだ!
…我ながら、文章がへたくそっ><;


 

<< 「セロリ」山崎まさよし | Home | 罰ゲームだけど、めちゃくちゃ楽しかったw >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。